トップ » 政策提言 » 第4次産業革命の中の日本 » 2018年4月6日掲載

JCER 第4次産業革命の中の日本

第4次産業革命の中の日本――米国ハイテク企業集積地の動向
米ベンチャーとの協力、決裁権者の関わりが欠かせず
シリコンバレーでも人材の獲得合戦

2018年4月6日発表
  • Tweet this articl

井上知義・総務省情報通信政策研究所長(18年3月まで日本経済研究センター主任研究員)
 第4次産業革命を支える最先端の情報通信技術(ICT)――AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、ビッグデータの研究開発が進む米国。2018年3月13日から21日まで、ハイテク企業の集積が進む米国ボストン、ダラス、シリコンバレーに赴き、研究開発とその成果を活用しようとするベンチャービジネスの動向について、関係者と情報・意見交換等を行った。


※自動運転の試乗動画有り、詳細はPDFファイルをご覧ください。

「米国ハイテク企業集積地の動向」「米国ハイテク企業集積地の動向」

△このページのトップへ

政策提言・関連リポート

△このページのトップへ