一覧へ戻る
リポート|アジア研究 2018年度アジア研究報告書 (日本経済新聞社からの受託研究)

岐路に立つ朝鮮半島

2019年03月29日発表

会員価格5,000円+税(送料別)、非会員価格10,000円+税(送料別)

 公益社団法人日本経済研究センター(JCER)では、2018年度のアジア研究報告書「岐路に立つ朝鮮半島」をまとめました。
 朝鮮半島情勢が振れ幅の大きな動きを見せています。北朝鮮の相次ぐ核・ミサイル実験で2―3年前には米国の軍事行動の可能性が指摘されたものの、平昌冬季オリンピックを舞台に始動した対話プロセスで南北、中朝に加えて史上初の米朝首脳会談が実現。焦点の非核化に加え、恒久的な平和体制構築に向けた話し合いも始まりました。
 しかし、2019 年2月末にハノイで開いた2回目の米朝首脳会談は物別れに終わり、朝鮮半島情勢は再び先行き不透明な状況を迎えています。
 18年度の研究会は前年度に続き、我が国の朝鮮半島研究の第一人者である小此木政夫・慶応義塾大学名誉教授を座長に迎えました。北朝鮮をめぐる外交安保問題に詳しい伊豆見元・東京国際大学教授はじめ各分野の専門家が参加しました。最新の朝鮮半島情勢について国際関係、南北朝鮮の内政、経済、社会変化など多角的な切り口で分析したのが特徴です。
 岐路に立つ朝鮮半島の情勢は今後、展開次第で日本の経済・政治・安保など様々な分野に多大な影響を及ぼします。この報告書が多くの読者の参考になれば幸いです。

【執筆者一覧】

小此木 政夫
慶應義塾大学名誉教授
伊豆見 元
東京国際大学教授
礒﨑 敦仁
慶應義塾大学准教授
小針 進
静岡県立大学教授
阪田 恭代
神田外語大学教授
道下 徳成
政策研究大学院大学教授
李 燦雨
日本経済研究センター特任研究員
伊集院 敦
日本経済研究センター首席研究員
 
 

キーワード

バックナンバー

  • リポート|アジア研究 2018年度アジア研究報告書 (日本経済新聞社からの受託研究)

    岐路に立つ朝鮮半島

    2019/03/29

    会員価格5,000円+税(送料別)、非会員価格10,000円+税(送料別)

  • リポート|アジア研究 2018年度中国研究報告書 (日本経済新聞社からの受託研究)

    「新時代」の中国ビジネス

    激動期をいかに勝ち抜くか

    2019/03/26

    会員価格5,000円+税(送料別)、非会員価格10,000円+税(送料別)

  • リポート|アジア研究 2017年度アジア研究報告書 (日本経済新聞社からの受託研究)

    朝鮮半島シナリオと日本

    2018/03/30

    会員価格5,000円+税(送料別)、非会員価格10,000円+税(送料別)

  • リポート|アジア研究 2017年度中国研究報告書(日本経済新聞社からの受託研究)

    中国 新産業論

    「創造大国」への道

    2018/03/23

    会員価格5,000円+税(送料別)、非会員価格10,000円+税(送料別)

  • リポート|アジア研究 2016年度アジア研究報告書 (日本経済新聞社からの受託研究)

    転機の朝鮮半島

    ――地政学的変化と北朝鮮経済

    2017/03/31

    会員価格5,000円+税(送料別)、非会員価格10,000円+税(送料別)