景気後退確率

6月の景気後退確率、84.6%へ急上昇

――昨年秋から警戒シグナルが点灯

宮﨑 孝史
  副主任研究員

2019/08/06

日本経済研究センターがまとめた2019年6月の景気後退確率は景気後退入りを示唆する84.6%まで急上昇した(下図)。計算の基礎となる先行指数(以下、先行CI)が6月に大幅に低下したことや前月速報値の下方修正などを受け、過去の確率も上方に遡及改定された。今回の推計により、昨年11月に景気後退局面入りの目安となる67%を2ヵ月連続で超え、警戒シグナルが点灯した。その後も67%を上回っている。ただ、来月

>続きを読む
2019/08/06

6月の景気後退確率、84.6%へ急上昇

――昨年秋から警戒シグナルが点灯

宮﨑 孝史