トップ » 研究リポート » 中国・アジアウォッチ » 2017年1月18日掲載

JCER 中国・アジアウォッチ

シリーズ企画「シンガポール、起業国家への挑戦」
【第4回】アジアのフィンテック企業が法人設置−VCなどからの資金調達が狙い

2017年1月18日発表

上原正詩・主任研究員 

概要

 シンガポールはロンドン、ニューヨークなどに並ぶ国際金融センターとして知られているが、フィンテック分野でも世界における存在感を増している。フィンテック企業が同国から生まれており、ほかのアジアからも同国に拠点を開設する動きが相次いでいる。
 アジア発のフィンテック企業5社の創業者にシンガポール及びタイで取材する機会を得た。2C2P、オミセ、エベレックス・ワン、アグリレッジャー、マイヒーローの5社だ。トップの国籍はミャンマー、ウクライナ、日本など多彩。各社の創業の経緯やシンガポールでの活動などを紹介する。

【第4回のポイント】
@ロンドン、ニューヨークに次ぐ世界の金融センター、シンガポールはフィンテック関連企業が集積する「フィンテック・ハブ」ともみなされている。

Aアジア発のフィンテック企業5社の創業者にインタビューした。国籍はミャンマー、ウクライナ、日本など多彩で、金融分野の出身者が多かった。

B各社ともシンガポールに法人を設立しており、ベンチャーキャピタル(VC)からの出資の受け皿とするのが狙いだった。タイなどに比べて法制度が整っていることもスタートアップを引き付ける磁力となっている。

シンガポール、起業国家への挑戦C企業紹介(上原正詩20170118)シンガポール、起業国家への挑戦C企業紹介(上原正詩20170118)

△このページのトップへ

関連リポート

・好評の同シリーズ一覧・全4回のご案内
第1回「「ブロック71」にスタートアップ集積−シンガポール国立大、海外企業留学が奏功」(上原正詩、1月4日)
第2回「世界のアクセラレーターも集積−起業家に経営指導、ディープテックで成功再現」(上原正詩、1月6日)
第3回「フィンテック産業育成へ祭典開催−金融通貨庁、起業家と金融機関の交流促す」(上原正詩、1月12日)
第4回「アジアのフィンテック企業が法人設置−VCなどからの資金調達が狙い」(上原正詩、1月18日)

・フィンテック in 香港(上)「交流イベントに世界から500人超集結−中国企業が先導するサービス革新」(上原正詩、2016年6月10日)
・フィンテック in 香港(下)「官民のインキュベーターが活躍−スタートアップ企業を吸引」(上原正詩、2016年6月13日)
・第4回アジア・コンセンサス調査(16〜18年):「アジア経済、「トランプ・リスク」に濃淡―シンガポールは強い懸念、比は好調持続」(2016年12月28日)
現地で聞くアジア経済アジア経済(2016年11-12月)
・第2回アジア経済中期予測:「中国・ASEAN4(2016-2030年)アジア、2030年への道筋―難局続く中国経済」(2016年9月27日)
その他、中国・アジア研究リポートのバックナンバーはこちら
中国・アジア研究、アジア予測、コラムなどの一覧はこちらから
△このページのトップへ