トップ » 研究リポート » 金融研究 » 2018.03

2018.03 金融研究

異次元緩和、6年目に突入
―金融政策運営のジレンマ

<金融研究説明会>「異次元緩和、6年目に突入―金融政策運営のジレンマ」 (2018/03/02開催)

金融研究班
  3月2日(金) に東京で≪日経センター金融研究説明会≫を開催しました。
 【セミナー概要】 量的・質的金融緩和政策、通称「異次元緩和」の開始からまもなく5年を迎えます。静かに出口に向かい始めた日銀の異次元緩和の効果と費用を総括します。日本経済は戦後2番目に長い景気拡大局面にありますが、2%の物価安定目標を目指すのに支払ったコストもあります。今後発生するコストを誰が負担するのでしょうか。包括的に議論します。
■金融研究説明会資料@ はこちら / ■金融研究説明会資料A はこちら

□■金融研究班 最新リポート一覧はこちら■□

<今後の公表予定>
3月中旬   2017年度金融研究班、後期報告をHPで公表
3月下旬   報告書、英文リポートをHPで公表、報告書を送付(会員限り)
△このページのトップへ

金融研究説明会資料@金融研究説明会資料@JCER NET メンバー限定

金融研究説明会資料A金融研究説明会資料AJCER NET メンバー限定

△このページのトップへ

バックナンバーはこちら