トップ » 研究リポート » 金融研究 » 2018.03

2018.03 金融研究

2017年度金融研究班報告B
日銀が直面する金融政策運営のジレンマ―出口を目指しても緩和を継続しても、国民負担につながる恐れ―

日銀が直面する金融政策運営のジレンマ―出口を目指しても緩和を継続しても、国民負担につながる恐れ― (2018/03/13公表) NEW!!

金融研究班:左三川郁子、高野哲彰、牛田雅人、富田泰弘、福山翔士、谷中崇能、<監修>岩田一政
 日銀の異次元緩和が6年目に入る。バランスシートの縮小を進めるFRBは、金融正常化の過程で損失の発生を回避できる見通しだが、日銀は10兆円を上回る損失が予想され、金融正常化と財務の健全性確保の間で難しい舵取りを迫られる。異次元緩和の長期化は損失の先送りに過ぎない。この間にも銀行の利ざやは縮小し、金融仲介機能を低下させかねない。結局、日銀は出口を目指しても緩和を継続しても、国民負担につながるというジレンマを抱え、中央銀行の独立性の問題にぶつかる。将来の通貨発行益(シニョレッジ)で損失を取り戻せるのか。異次元緩和の副作用や出口の見通しを明らかにし、利益と損失の配分について、政府と取り決めを結ぶべきではないか。
■2017年度金融研究班報告B <総論> はこちら
■2017年度金融研究班報告B <全文> はこちら

各論

全文 「日銀が直面する金融政策運営のジレンマ」
総論 「第2期黒田日銀――金融正常化への道筋は見えるか」
第2章「世界に先駆けてバランスシート縮小に着手したFRB」
第3章「出口で発生する日銀の損失」
第4章「政府が補填しない場合――通貨発行益(シニョレッジ)の配分という問題」
第5章「日銀が債務超過に陥ると何が起きるか」
第6章「なぜQQEで物価は上がらなかったのか」
第7章「金融政策運営のジレンマ――進退窮まる日銀の金融政策」
補論 「シニョレッジの理論的背景」(2018/03/28追加)
付表 「金融政策年表」


□■金融研究班 最新リポート一覧はこちら■□
△このページのトップへ

2017年度金融研究班報告B <総論>2017年度金融研究班報告B <総論>

2017年度金融研究班報告B <全文>2017年度金融研究班報告B <全文>JCER NET メンバー限定

△このページのトップへ

バックナンバーはこちら