トップ » 研究リポート » JCER Paper » 71

JCER Paper 71 2001.7

IT−GDPの開発




山澤成康・日本経済研究センター経済分析部研究員

全文全文JCER NET メンバー限定

データ(EXCEL)JCER NET メンバー限定

データ(テキスト)JCER NET メンバー限定

要 約

情報技術(IT)産業の経済活動を総合的に表す指標としてIT‐GDPを開発した。IT‐GDPを使えば、付加価値ベースでみた日本のIT産業の活動を製品別、需要別に捉えることができる。2000年度には投資と輸出を中心に前年比12.4%増と大きく伸び、実質GDPを0.6%ポイント押し上げた。IT‐GDPとGDPの比率をみるとすう勢的に上昇傾向にあるが水準は低く、日本は今後もIT経済化を進めていく必要がある。



△このページのトップへ

目 次

 はじめに
 1.IT関連経済データの検討
  (1)IT関連統計の作り方
  (2)標準化が遅れる日本の産業分類
  (3)技術革新をどう反映するか
  (4)産業連関表から特徴を読み取る
 2.IT‐GDPの開発
  (1)IT‐GDPとは
  (2)作成方法の概要
  (3)作成方法の詳細
  (4)ほかの指標との比較
  (5)作成上の課題
 3.IT‐GDPの分析
  (1)IT‐GDP、2000年度に高い伸び
  (2)高いGDPへの寄与度
  (3)IT‐GDP比率は上昇
 おわりに 依然必要なIT化
 付論 卸売物価のコンピューター価格について
 参考表 1−6
 参考文献
△このページのトップへ