トップ » 研究リポート » JCER Paper » 77

JCER Paper 77 2006.8

広域化で巻き返し図る華南経済圏




可部繁三郎・日本経済研究センター 主任研究員

全文全文JCER NET メンバー限定

要 旨

 中国は1国のようでいて、実際には各地域の独立性が高い分権型社会。そんな中国で、地域経済の発展を図る枠組みとして「経済圏」の存在感が増している。
 北京など東北部の「環渤海」や、上海を核とした「揚子江」地域と並び、最近拡大志向を強めているのが、華南の「汎珠江」地域。同地域は、「改革開放」の先陣を切ってきたが、このところ上海の陰に隠れがち。世界貿易機関(WTO)加盟に伴うグローバル化の波をとらえ、再活性化を目論む。
 広東省を中心に内陸までの9省に及ぶ広域性は、「雁行型発展」を果たすには格好の布陣。香港やマカオなど特別行政区を含む点も金融、物流などの面で他の経済圏にはない強みだ。半面、「雁行」は単なる内陸部の立ち後れで終わる恐れもある。広東と香港が相互の存在を認め合っていけるかどうかも、発展のカギとなる。
△このページのトップへ

目 次

1.1国1市場の幻想
  ・各省が独自に権限を行使
  ・点より面での発展目指す
  ・3大経済圏でGDPの4分の3に
2.なぜ「汎珠江」なのか
  ・従来の「経済圏」超える「9+2」
  ・広域で発展目指す4つの理由
3.「経済圏」づくりの具体策は
  ・省ごとの障壁取り払い単一市場へ
  ・香港のインフラ・技術力生かす
4.汎珠江デルタの将来性
  ・コスト増の洗礼いつから
  ・付加価値高める地道な努力欠かせず
  ・内陸部の成長モデルは手探り
  ・広東省主導には危うさも
5.終わりに
△このページのトップへ