トップ » 研究リポート » 研究報告書 » 2013年度 産業研究成果報告

2013年度 産業研究成果報告

高齢化関連市場の成長力を探る
2014年3月発表
  • Tweet this articl


主査:毛利靖子・前日本経済研究センター主任研究員 、指導協力:猿山純夫・日本経済研究センター研究本部長兼主任研究員


◆日本経済研究センターでは、2013年度に委託研究生を中心に産業研究班を設け、「高齢化関連市場の成長力を探る」をテーマに、今後拡大が予想される介護・医療関連産業の発展可能性と課題を探りました。

※2014年6月16日:報告書を一般公開いたしました。

報告書全文(2013年度 日本経済研究センター産業研究班)
※「全文ファイル」をpdf上で閲覧しますと、本文中のキーワードの意味を「用語解説」で確認するリンク機能がご利用になれます。同機能は、以下の「各論」ファイルではご利用になれませんのでご注意ください。

【執筆担当者(五十音順)】
片岡久昭、中井孝、馬篭隆太郎、実吉秀倫、森翔太郎

【指導】産業研究班主査:毛利靖子、指導協力:猿山純夫

△このページのトップへ

各論


はじめに 
第1章:医療機器の海外進出、高齢化の経験を成長のバネに 
今後、高齢化と所得水準の上昇が重なるアジア新興国。試算によれば同地域の医療機器市場は2025年には足元の6倍にも膨らむ。高齢化で先陣を切った日本の経験は市場開拓で資産となるはずだ。アジアで顧客をつかむ3つの勝ちパターンを探った。
第2章:苦境に陥る医療保険財政、健康関連産業の芽を育てる 
財政悪化で苦境に陥る健保が、メタボ削減に活路を見出そうとしている。クラウドやスマホを、体重などのデータ収集や健康指導に生かす新ビジネスも現れた。「健康経営」に手応えをつかみ始めた先進企業の動きも追った。
第3章:ドラッグストア・薬局は地域の医療・健康拠点になれるのか 
医薬分業を追い風に売上を伸ばしてきたドラッグストア・薬局。コンビニを上回る拠点数を生かし、健康相談や検査など身近な医療拠点に化ける可能性も秘める。一方で、一般用医薬品取り扱いの垣根が下がり、異業種を巻き込んだ顧客争奪戦が激化しそうだ。
第4章:サービス付き高齢者住宅、一段の拡大には曲折も 
バリアフリーなどハード面の条件に加え、安否確認など「サービス付き」の条件を課したサービス付き高齢者住宅(サ高住)。2年余りで約14万戸と急成長、なお潜在利用層は増えそうだが、家賃の高さ、住まいとしての質など、利用者定着に課題も抱える。サ高住ビジネスに潜む可能性とリスクを検証する。
第5章:在宅・地域ケア、商機実現へ担い手不足が壁に 
入院より安く済むとあって政府も後押しする在宅医療。足元の傾向を延長すれば、2025年に利用者は倍増との絵も描ける。しかし、医師1人体制の診療所が多数を占めるなど態勢は貧弱だ。医療、看護、薬剤など諸機能を地域で再構築する必要もある。ニーズを商機に変える事業者の動きを追った。
用語解説 
参考文献 

△このページのトップへ