トップ » 研究リポート » 研究員報告 » 2015年10月7日掲載

JCER 研究員報告

優れた人材で地域経済の活性化に弾みを
第2回「地方創生」セミナーで冨山和彦氏らが講演

要旨

 日本経済研究センターは10月7日、集中セミナー「逆風下の地方創生 第2回」を開催した。経営共創基盤の冨山和彦・代表取締役CEOは基調講演で「地方創生には地方の基幹産業であるサービス業を強化すべき」と語り、そのためには「企業の生産性を高め、賃金を上げ、優秀な人材を呼び込むことが大切だ」と指摘した。



その後のパネル討論でも地方経済の活性化について「新陳代謝を促す人材が必要」「地域が連携して人材育成を」といった意見が相次いだ。

20151007研究員報告)第2回地方セミナー20151007研究員報告)第2回地方セミナー

△このページのトップへ

第3回セミナーは12月15日、鈴木・三重県知事らが登壇

12月15日、「地方創生〜世界とどう向き合うか」というテーマで鈴木英敬・三重県知事やロス・フィンドレーNAC社長、加藤史子リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンター主席研究員を招いて開く予定だ。
お申し込み・詳細はこちら
△このページのトップへ