トップ » 研究リポート » 研究員報告 » 2016年1月7日掲載

JCER 研究員報告

軍事政権下、安定に向かうタイ 安価な労働力求め企業は周辺へ
南部経済回廊ルポ(下)

要旨

「南部経済回廊」発展のけん引役はインドシナ半島で最も経済規模の大きいタイだ。(上)ではカンボジアを中心に産業集積の実態をリポートしたが、軍事政権下のタイ経済の状況はどうか。カンボジア国境のアランヤプラテートから首都バンコクに入り、さらにミャンマー国境の街メーソートを訪れた。安価な労働力を求め、タイから周辺へ展開する日本及びタイ企業の動きを報告する。


20160107研究員報告南部経済回廊(下)20160107研究員報告南部経済回廊(下)

△このページのトップへ

南部経済回廊ルポ(上)

△このページのトップへ