トップ » 研究リポート » 研究員報告 » 2016年5月20日掲載

JCER 研究員報告

台湾政権交代 展望を聞く(上)
新政権で変わる日台中トライアングル

2016年5月20日発表

伊集院敦・首席研究員

概要

 台湾で20日、蔡英文氏が新たな総統に就任した。対中融和路線を採ってきた国民党から独立を志向する民進党への8年ぶりの政権交代だ。台湾の動きに神経を尖らせる中国は統一に向けた有利な状況を作り出すため新政権に圧力をかけ、中台関係は不安定化の兆しも見せている。中台関係と日台関係は今後どうなり、日台中のトライアングルはどう変化するのか。台湾サイドの見方について中台関係専門家である台湾師範大学の范世平教授に聞いた。

台湾政権交代 展望を聞く(上)20160520(伊集院敦)台湾政権交代 展望を聞く(上)20160520(伊集院敦)

△このページのトップへ

関連リポート

台湾政権交代 展望を聞く(下)「新政権、TPP加盟と日台FTAを推進」(伊集院 敦、2016年5月20日)
△このページのトップへ