トップ » 研究リポート » 研究員報告 » 2016年6月20日掲載

JCER 研究員報告

統計で見る中国経済(16年5月) 工業生産、投資ともに低調−小売りは2ケタの伸びを維持

2016年6月20日発表

湯浅健司・中国研究室長兼主任研究員

概況


1.固定資産投資と不動産開発投資 :16年ぶりの2ケタ割れ、民間振るわず  
2.輸出入 :輸入のマイナス幅が大きく縮小        
3.工業生産 :ほぼ横ばいで推移                   
4.PMI :改善傾向あるが、なお不透明感
5.社会消費品小売総額 :個人消費はなお堅調         
6.消費者・卸売物価指数 :CPI、豚肉の高騰で2%台続く    
7.新築住宅価格動向 :南京、合肥、アモイが高い上昇率       
8.新車生産・販売台数 :販売、3カ月連続で前年上回る
  
☆トピックス :注目される16年4〜6月の経済成長率
リポート全文


 

統計で見る中国経済16年5月(会員限定)統計で見る中国経済16年5月(会員限定)JCER NET メンバー限定

△このページのトップへ

お知らせ

※日本経済研究センターでは、中国の主要経済統計をとりまとめたレポート「統計で見る中国経済」を毎月下旬、ホームページに掲載して参ります。
△このページのトップへ

関連リポート

△このページのトップへ