一覧へ戻る
金融研究

異次元緩和の長期化と地域金融機関の経営安定性
―人口減少で再編が加速、長寿化は金融政策運営を困難にするおそれ

2018年度金融研究班報告③:長引くQQEの副作用

主査:左三川(笛田) 郁子
  金融研究室長兼主任研究員
総括:高野 哲彰
  副主任研究員
委託研修生:粕川詩織、加藤昇平、星田佳祐、山口達也
   

2019/03/15

2013年4月に始まった日本銀行の異次元緩和はまもなく7年目を迎える。未だ金融正常化が見通せないどころか、世界経済の不確実性の高まりによって、次の追加緩和策の議論が始まっている。緩和長期化の副作用として懸念されるのが金融機関の収益に及ぼす影響である。地域金融機関では再編の動きが進んでおり、同じ営業地盤での合併は経費削減に大きく寄与してきた。今後、地銀の合併はシステム統合のコストが課題となるとみられ、クラウドなどの新技術の活用が期待される。「人生100年時代」で若年層は老後に備えて貯蓄性向を高めている。貯蓄の増加により、資金需給を均衡させる自然利子率が押し下げられると、金融政策の舵取りは一層難しくなるおそれがある。

バックナンバー

2021/10/07

全国銀行の最終利益、コロナ禍前の水準には戻らず
―地域銀行の最終利益、特別当座預金制度が1割弱押し上げへ―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:梶田 脩斗 研究生:間場 紗壽、埋橋 尚吾、手塚 昂嗣、生川 貴一

2021/03/30

2020年度金融研究報告 地銀再編と金融ビジネスの新潮流

2021/03/22

ポスト・コロナの新たな脅威
―業務多様化で収益力強化、グリーン化による座礁資産化の抑止を―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢

2021/03/19

日銀、TOPIX連動のETF買い入れに一本化

左三川(笛田) 郁子 中野雅貴:2019年度委託研究生(日本政策金融公庫中小企業事業本部から派遣)

2021/03/05

コロナ危機下の地域金融―迫りくる再編と金融ビジネスの新潮流―

総主査:岩田 一政 / 主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢