一覧へ戻る
Discussion Paper Discussion Paper 142 (2014.5)

[No.142] 小国開放経済型DSGE モデルによる税制変更のシミュレーション分析

蓮見 亮
  特任研究員

2014/05/20

 動学的確率的一般均衡(DSGE)モデルと呼ばれるマクロ経済モデルを用いて、税制変更のシミュレーションを行った。同種のモデルでは、方程式の係数に想定値を用いることが多いが、本研究では過去30年間の日本のマクロデータから推定した。増税幅をそろえて試算すると、法人税、労働所得税、消費税の順で成長抑制効果が大きい。この試算に従えば、法人税を減税し代替財源として消費税を用いれば、経済成長が押し上げられる。

バックナンバー

2022/12/29

[No.156] 平均的な外出のコロナ感染リスクは限定的

高久 玲音 一橋大学准教授 / 田原 健吾 / 北爪 匡 日本経済新聞社 編集 データジャーナリスト / 田淵貴大 大阪国際がんセンター 大竹文雄 大阪大学特任教授、日本経済研究センター研究顧問

2022/09/21

[No.155] QQE下における日本銀行のETF買い入れ

左三川(笛田) 郁子

2022/05/30

[No.154] ESG Management and Credit Risk Premia: Evidence from Credit Default Swaps for Japan’s Major Companies

稲葉 圭一郎 畠山 雄史 三井住友DSアセットマネジメント(株)運用部 兼 責任投資推進室 シニアマネージャー

2021/08/24

[No.153] Comparing the Earned Income Tax Credit and Universal Basic Income in a Heterogeneous Agent Model

蓮見 亮 高野 哲彰

2021/05/24

[No.152] Nowcasting Japanese GDP using targeted predictors

梶田 脩斗 鄭 宇景 関東学園大学助教