一覧へ戻る
中国・アジアウォッチ

制裁対応探る北朝鮮

自力更生の戦略打ち出す-金正恩体制が完成、中朝関係に変化の芽

伊集院 敦
  首席研究員

2016/07/21

 北朝鮮が6月29日に開いた最高人民会議で、金正恩労働党委員長が国家の最高指導者である国務委員会委員長に就任した。5月6-9日に開いた朝鮮労働党大会と併せ、金正恩委員長が自らの体制を完成させた格好だ。同時に今後の政策展開として「国家経済発展5ヵ年戦略」の遂行を採択。内部統制の強化と自力更生で、国際社会の制裁に対応する姿勢をにじませた。在韓米軍の迎撃ミサイルシステムの配置問題がからみ、対外関係では核実験などで悪化した中国との関係修復を模索する動きも出てきた。

北朝鮮の縫製工場

※旧サイト(~2018.8月)の中国・アジア研究、アジア予測、コラムなどの一覧はこちらから

キーワード

バックナンバー

2021/04/14

加速する中国の社債デフォルト

湯浅 健司

2021/03/29

米中デカップリングとサプライチェーン 

座長:宮本 雄二・宮本アジア研究所所長 幹事:伊集院 敦

2021/03/24

ポスト・コロナの中国

座長:服部 健治・中央大学ビジネススクール名誉フェロー 湯浅 健司

2021/03/05

21年成長目標「6%以上」~「経済は長期好調」

湯浅 健司

2021/02/25

コロナ対応の非接触体温計、主役は中国製

山田 周平