一覧へ戻る
中国・アジアウォッチ 東方経済フォーラムリポート

ロシア極東で日ロの経済協力論議が加速

――政治が主導、民間とはなお温度差

伊集院 敦
  首席研究員

2016/10/12

 ロシアの極東地域における日本とロシアの経済協力をめぐる論議が活発になってきた。リード役は政治・経済両面の理由から東方シフトを強めるプーチン大統領と、ロシアとの経済協力を戦後日本外交の残された懸案である北方領土の返還の呼び水にしようとしている安倍晋三首相。
 両首脳は会談を重ね、官民による新たな話し合いの枠組みもスタートした。しかし、この地域の開発や経済協力には課題が多く、官民の温度差も指摘される。
 9月上旬に両首脳も出席してウラジオストクで開催された第2回東方経済フォーラムの模様を中心に最近の動向を紹介する。

プーチン大統領と安倍首相

※旧サイト(~2018.8月)の中国・アジア研究、アジア予測、コラムなどの一覧はこちらから

キーワード

バックナンバー

2021/04/14

加速する中国の社債デフォルト

湯浅 健司

2021/03/29

米中デカップリングとサプライチェーン 

座長:宮本 雄二・宮本アジア研究所所長 幹事:伊集院 敦

2021/03/24

ポスト・コロナの中国

座長:服部 健治・中央大学ビジネススクール名誉フェロー 湯浅 健司

2021/03/05

21年成長目標「6%以上」~「経済は長期好調」

湯浅 健司

2021/02/25

コロナ対応の非接触体温計、主役は中国製

山田 周平