一覧へ戻る
中国・アジアウォッチ 【アジア・コンセンサス特別企画】現地で聞くアジア経済 (第5回)

マレーシア:原油回復が寄与、5%近い成長続く

――教育・金融の整備が喫緊の課題

南 毅 (研究生)
   

2016/12/15

 日本経済研究センターが2016年に開始したJCER/日経「アジア・コンセンサス」の対象国であるマレーシアを訪れ、現地エコノミストに経済の現状や展望を聞きました。

ジョホールバルのレゴランド

【第5回のポイント】

  1. マレーシアでは原油価格の下落による経済の下押し圧力がやや和らぎ、17年は消費が緩やかに回復する。総選挙実施で選挙支出も増える可能性。ただし世界経済の不透明さもあり、実質GDP成長率は4~5%台との見通しが多い。
  2. 中長期的には中所得国から高所得国入りすることが課題になる。大型プロジェクトが目白押しの同国だが、高所得国の仲間入りを果たすには、教育や金融機能の強化による全体経済の底上げが課題との見方が出ていた。

キーワード

バックナンバー

2021/04/14

加速する中国の社債デフォルト

湯浅 健司

2021/03/29

米中デカップリングとサプライチェーン 

座長:宮本 雄二・宮本アジア研究所所長 幹事:伊集院 敦

2021/03/24

ポスト・コロナの中国

座長:服部 健治・中央大学ビジネススクール名誉フェロー 湯浅 健司

2021/03/05

21年成長目標「6%以上」~「経済は長期好調」

湯浅 健司

2021/02/25

コロナ対応の非接触体温計、主役は中国製

山田 周平