一覧へ戻る
中国・アジアウォッチ 【アジア・コンセンサス特別企画】

インドネシア:2018年は「政治の年」、成長5%維持

――インフラ整備は前進、改革停滞を警戒

日下 淳
  主任研究員

2017/11/28

 東南アジア最大のインドネシア経済は5%程度の成長を続け、物価や通貨も安定している。JCER/Nikkei「アジア・コンセンサス」調査に協力するエコノミストらに実態や課題を聞いた。

都市高速鉄道(MRT)の工事の様子

【ポイント】

  1. 2018年も内需主導で5%超の成長を続けるとの見方が多い。ただ、足元の個人消費が頭打ち傾向を示すなど、要注意の点も多い。
  2. 焦点のインフラ整備はジョコ政権発足2年目の2015年後半から加速した。ビジネス環境改善などの改革も徐々に進む。しかし未解決の課題は多く、発展の制約要因になっている。
  3. 2018年は各地で地方選が予定され、2019年大統領選のキャンペーンが始まるなど「政治の年」になりそう。選挙関連支出で景気刺激が期待できる一方、改革が足踏みする懸念がある。ポピュリズム的な動きの高まりも要注意だ。
関連レポート

・【アジア・コンセンサス特別企画】2018年アジア経済:中国、金融、地政学に注目

※旧サイト(~2018.8月)の中国・アジア研究、アジア予測、コラムなどの一覧はこちらから

キーワード