一覧へ戻る
Discussion Paper Discussion Paper 141 (2014.4)

[No.141] Differentiated Use of Small Business Credit Scoring by Relationship Lenders and Transactional Lenders: Evidence from Firm-Bank Matched Data in Japan

Arito Ono・Mizuho Research Institute
   
蓮見 亮
  特任研究員
平田 英明
  特任研究員

2014/04/16

<Abstract>

This paper examines the ex-post performance of small and medium enterprises (SMEs) that obtained small business credit scoring (SBCS) loans, using a unique Japanese firm-bank matched dataset. The ex-post probability of default after the SBCS loan was provided significantly increased for SMEs that obtained an SBCS loan from a transactional lender. Also, the lending attitude of relationship lenders during the recent global financial crisis was more severe if a firm had received an SBCS loan from a transactional lender. These findings suggest that SBCS loans by transactional lenders are more prone to type II errors and detrimental to relationship lenders’ incentive to provide “liquidity insurance.”

<要旨>

本論文では、企業と取引銀行をマッチングした独自のデータセットを用いて、スコアリング貸出を受けた中小企業の事後的なパフォーマンスを検証した。貸し手がトランザクション銀行(財務情報や担保価値などのハード情報に基づき融資を行う銀行)の場合、スコアリング貸出を受けた企業の事後的なデフォルト確率は、有意に上昇する。また、トランザクション銀行からスコアリング貸出を受けていた企業では、近年の世界的金融危機下におけるリレーションシップ銀行(借り手との親密な関係を通じて蓄積したソフト情報に基づき融資を行う銀行)の貸出態度の悪化がより顕著である。これらの実証結果は、トランザクション銀行によるスコアリング貸出が、タイプIIエラー(貸出すべきでない相手に貸出すという誤り)を引き起こしやすく、かつリレーションシップ銀行が「流動性保険」を与えるインセンティブを阻害することを示唆する。