一覧へ戻る
金融研究

日銀が直面する金融政策運営のジレンマ
―出口を目指しても緩和を継続しても、国民負担につながる恐れ―

2017年度金融研究班報告③

主査:左三川(笛田) 郁子
  金融研究室長兼主任研究員
総括:高野 哲彰
  副主任研究員
委託研修生:牛田雅人、富田泰弘、福山翔士、谷中崇能
   
監修:岩田 一政
  代表理事・理事長

2018/03/13

日銀の異次元緩和が6年目に入る。バランスシートの縮小を進めるFRBは、金融正常化の過程で損失の発生を回避できる見通しだが、日銀は10兆円を上回る損失が予想され、金融正常化と財務の健全性確保の間で難しい舵取りを迫られる。異次元緩和の長期化は損失の先送りに過ぎない。この間にも銀行の利ざやは縮小し、金融仲介機能を低下させかねない。結局、日銀は出口を目指しても緩和を継続しても、国民負担につながるというジレンマを抱え、中央銀行の独立性の問題にぶつかる。将来の通貨発行益(シニョレッジ)で損失を取り戻せるのか。異次元緩和の副作用や出口の見通しを明らかにし、利益と損失の配分について、政府と取り決めを結ぶべきではないか。

バックナンバー

2021/10/07

全国銀行の最終利益、コロナ禍前の水準には戻らず
―地域銀行の最終利益、特別当座預金制度が1割弱押し上げへ―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:梶田 脩斗 研究生:間場 紗壽、埋橋 尚吾、手塚 昂嗣、生川 貴一

2021/03/30

2020年度金融研究報告 地銀再編と金融ビジネスの新潮流

2021/03/22

ポスト・コロナの新たな脅威
―業務多様化で収益力強化、グリーン化による座礁資産化の抑止を―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢

2021/03/19

日銀、TOPIX連動のETF買い入れに一本化

左三川(笛田) 郁子 中野雅貴:2019年度委託研究生(日本政策金融公庫中小企業事業本部から派遣)

2021/03/05

コロナ危機下の地域金融―迫りくる再編と金融ビジネスの新潮流―

総主査:岩田 一政 / 主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢