一覧へ戻る
金融研究

日銀の損失、今すぐ出口に向かうとどのくらいか

2017年度金融研究報告③

左三川(笛田) 郁子
  金融研究室長兼主任研究員
高野 哲彰
  副主任研究員

2017/08/30

日本銀行が2013年に始めた量的・質的金融緩和(QQE)政策、通称「異次元緩和」からの出口論が盛り上がっている。米国や欧州が出口に向かい始めたことに加えて、将来日銀に発生する損失という副作用を考えてもなお、緩和を続ける意味があるのかが問われ出した。本リポートでは、もし日銀が今すぐ出口に向かったら、どのくらいの損失が発生するかを考えてみたい。異次元緩和が長引けば損失はさらに大きくなると予想されるため、本リポートで示す損失額は「少なく見積もってもこのくらいにはなるだろう」というボトムラインである。

バックナンバー

2021/10/07

全国銀行の最終利益、コロナ禍前の水準には戻らず
―地域銀行の最終利益、特別当座預金制度が1割弱押し上げへ―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:梶田 脩斗 研究生:間場 紗壽、埋橋 尚吾、手塚 昂嗣、生川 貴一

2021/03/30

2020年度金融研究報告 地銀再編と金融ビジネスの新潮流

2021/03/22

ポスト・コロナの新たな脅威
―業務多様化で収益力強化、グリーン化による座礁資産化の抑止を―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢

2021/03/19

日銀、TOPIX連動のETF買い入れに一本化

左三川(笛田) 郁子 中野雅貴:2019年度委託研究生(日本政策金融公庫中小企業事業本部から派遣)

2021/03/05

コロナ危機下の地域金融―迫りくる再編と金融ビジネスの新潮流―

総主査:岩田 一政 / 主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢