一覧へ戻る
金融研究

利ざや縮小でカードローンやアパートローンに傾斜
―大手行は海外業務の拡大を継続―

2017年度金融研究班報告①:銀行決算分析(17年3月期)

委託研修生:牛田雅人、富田泰弘、福山翔士、谷中崇能
   
監修:左三川(笛田) 郁子
  金融研究室長兼主任研究員
高野 哲彰
  副主任研究員

2017/10/23

長期化する低金利に加えて2016年初めには日銀がマイナス金利政策を導入したことで、銀行の利ざやは一段と縮小、17年3月期の最終損益は全業態で前年割れ(減益)となった。全国銀行の預貸金利ざやは95年度以来、21年ぶりの低水準を記録。厳しい経営環境のもと、大手銀行は海外での貸し出しを拡大、地方銀行や第二地方銀行は個人向けカードローンやアパートローンに傾斜した。全国銀行の貸出金は6年連続で増加したが、人口減少が見込まれる中でのアパートローン拡大は将来の不良債権予備軍となるリスクをはらんでいる。

バックナンバー

2021/10/07

全国銀行の最終利益、コロナ禍前の水準には戻らず
―地域銀行の最終利益、特別当座預金制度が1割弱押し上げへ―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:梶田 脩斗 研究生:間場 紗壽、埋橋 尚吾、手塚 昂嗣、生川 貴一

2021/03/30

2020年度金融研究報告 地銀再編と金融ビジネスの新潮流

2021/03/22

ポスト・コロナの新たな脅威
―業務多様化で収益力強化、グリーン化による座礁資産化の抑止を―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢

2021/03/19

日銀、TOPIX連動のETF買い入れに一本化

左三川(笛田) 郁子 中野雅貴:2019年度委託研究生(日本政策金融公庫中小企業事業本部から派遣)

2021/03/05

コロナ危機下の地域金融―迫りくる再編と金融ビジネスの新潮流―

総主査:岩田 一政 / 主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢