一覧へ戻る
金融研究

日銀の国債増額ペースが鈍化
―それでも残る買い入れ限界のリスク

2017年度金融研究報告①

左三川(笛田) 郁子
  金融研究室長兼主任研究員
高野 哲彰
  副主任研究員

2017/05/10

日本銀行が保有する長期国債の増加ペースが鈍化傾向を強めている。黒田東彦・日銀総裁は10日の衆議院財務金融委員会で、増加額が「足元では年間で60兆円前後になっている」と述べ、80兆円の買い入れ額はあくまで「めど」である点を改めて強調した。日銀は2016年9月、長短金利操作付き量的・質的金融緩和を導入し、操作目標をそれまでの「量」から「金利」に変更した。これに伴い、長期国債の買い入れ額は経済や金融市場の動向によって内生的に決まる「従属変数」となった。本リポートでは、昨年9月以降の日銀の国債買い入れの状況を振り返る。

バックナンバー

2021/03/30

2020年度金融研究報告 地銀再編と金融ビジネスの新潮流

2021/03/22

ポスト・コロナの新たな脅威
―業務多様化で収益力強化、グリーン化による座礁資産化の抑止を―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢

2021/03/19

日銀、TOPIX連動のETF買い入れに一本化

左三川(笛田) 郁子 中野雅貴:2019年度委託研究生(日本政策金融公庫中小企業事業本部から派遣)

2021/03/05

コロナ危機下の地域金融―迫りくる再編と金融ビジネスの新潮流―

総主査:岩田 一政 / 主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢

2020/12/22

コロナで加速する地銀の再編
―地方圏で金融過剰度高く、経営基盤強化が急務―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢