一覧へ戻る
経済百葉箱 第124号

米国の金利上昇、住宅投資を下押し

―利上げ続けば景気に悪影響も―

岩橋淳樹、<監修>短期経済予測主査:西岡慎一、総括:宮﨑孝史
   

2018/11/15

▼ポイント▼

  • 米国の住宅投資が減少に転じている。住宅投資は、2018年に入り3四半期連続でマイナス成長となり、弱い動きが続いている。住宅販売戸数が頭打ちであるほか、新築住宅価格の増勢も歯止めがかかるなど、住宅需要は低下している。
  • 金利の上昇が住宅需要の弱さにつながっている。政策金利の引き上げで住宅ローン金利は上昇しており、18年10月には8年ぶりに5%台に達した。試算によれば、金利上昇は、2018年に入り住宅投資を6.0%下押しに寄与している。
  • 米国経済は大型減税に支えられて好調であり、今のところ、住宅投資の減少が景気全体に及ぼす影響は小さい。リーマン・ショック時と異なり、金利上昇によるデフォルト増加が、金融機関のバランスシート悪化を通じて、住宅投資を一段と減少させる可能性も低い。
  • ただし、政策金利は今後も引き上げられる見込みであり、住宅投資の弱さは続く可能性がある。景気全体への影響が注目点となる。

バックナンバー

2021/03/29

良好な企業財務、21年度設備投資は反発へ

小野公嗣、杉本直隆、原澤大地 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/26

休業増と労働時間減で守られた雇用

山本大輔、伊禮琢人、末永弘樹、丸山大介 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/19

民間消費、潜在的なペント・アップ需要は約9兆円

小澤智彦、小野公嗣、山本大輔 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2020/11/02

コロナ禍の財政措置、わが国の成果は良好

小澤智彦、末永弘樹、杉本直隆、藤原和也 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:梶田脩斗

2020/10/14

コロナ対策、早いほど少ない死者と経済損失

伊禮琢人、丸山大介、山本大輔 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:梶田脩斗