一覧へ戻る
中国・アジアウォッチ 【アジア・コンセンサス特別企画】

アジア経済:続く堅調、高まる不確実性

2019年、注目ポイント3点を聞く

日下 淳
  主任研究員

2018/11/28

 アジア経済の行方は米中貿易戦争や金融市場混乱の影響で不透明感が強まっている。JCER/Nikkei「アジア・コンセンサス」調査の回答者で、シンガポールからアジア経済全体を見ているバークレイズ銀行のラホル・バジョリア調査部門ディレクターに現状や2019年の注目点を聞いた。

シンガポール港の沖に並ぶ船舶

【ポイント】

①アジア経済は米中貿易戦争や米利上げの影響などの不確実性を抱えながらも、引き続き堅調を維持している。

②東南アジア経済全体の行方に関し、(1)消費の持続性、(2)米中貿易戦争の行方、(3)タイやインドネシアの選挙など政治リスク――に注目。

③インドネシアの経常収支、マレーシアの財政など、個々の国に特有のテーマにも注意が必要だ。
関連レポート

アジア・コンセンサス2018年10月調査 (第11回 / 2018年~2020年)

※旧サイト(~2018.8月)の中国・アジア研究、アジア予測、コラムなどの一覧はこちらから

バックナンバー

2021/04/14

加速する中国の社債デフォルト

湯浅 健司

2021/03/29

米中デカップリングとサプライチェーン 

座長:宮本 雄二・宮本アジア研究所所長 幹事:伊集院 敦

2021/03/24

ポスト・コロナの中国

座長:服部 健治・中央大学ビジネススクール名誉フェロー 湯浅 健司

2021/03/05

21年成長目標「6%以上」~「経済は長期好調」

湯浅 健司

2021/02/25

コロナ対応の非接触体温計、主役は中国製

山田 周平