一覧へ戻る
経済百葉箱 第122号

中国景気を支えるサービス消費の拡大

―電子商取引の普及も後押し―

青山寿敏、<監修>短期経済予測主査:西岡慎一、総括:宮﨑孝史
   

2018/11/09

▼ポイント▼

  • 中国では、消費が景気を下支えしている。2018年の消費は17年から伸びを高めており、経済成長率への寄与も約8割を占める。なかでも、生活水準の向上に伴い医療や教養・娯楽などのサービス消費が消費全体をけん引している。
  • サービス消費の拡大は需要飽和による耐久財消費の伸び悩みを補っている。電子商取引の普及によるフードデリバリーやオンライン教育といった新たな分野の成長がサービス消費を後押ししていることも背景にある。
  • 米国との貿易摩擦による悪影響が懸念されるだけに、サービス消費の順調な拡大が景気の安定化にとって不可欠である。官民を挙げた電子商取引分野の推進に向けた取り組みに注目が集まる。

バックナンバー

2021/05/27

コロナ禍の新興国への証券投資、流出は景気下押しに

藤原和也、丸山大介 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎

2021/03/29

良好な企業財務、21年度設備投資は反発へ

小野公嗣、杉本直隆、原澤大地 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/26

休業増と労働時間減で守られた雇用

山本大輔、伊禮琢人、末永弘樹、丸山大介 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/19

民間消費、潜在的なペント・アップ需要は約9兆円

小澤智彦、小野公嗣、山本大輔 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2020/11/02

コロナ禍の財政措置、わが国の成果は良好

小澤智彦、末永弘樹、杉本直隆、藤原和也 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:梶田脩斗