一覧へ戻る
経済百葉箱 第128号

期待高まるキャッシュレス促進策

―小額決済の利用拡大へ課題解決を―

堂本健太、<監修>短期経済予測主査:西岡慎一、総括:宮﨑孝史
   

2019/03/19

▼ポイント▼

    • 政府は消費税率引き上げ時に、キャッシュレス促進策を実施する予定である。消費者、小売店に対する補助を設け、利用・導入の促進を図る。対象となる中小小売店の市場規模は約85兆円と大きく、消費者、小売店とも促進策に対する期待が高まっている。
    • キャッシュレス決済普及のためには、日常小額決済への利用を進める必要がある。このためには、①サービスの質向上、②小売店の収益力向上、③制度運営上の問題解決に取り組む必要がある。

バックナンバー

2022/03/28

給付金は22年度に民間消費を約1.2兆円押し上げ

鈴木沙織、田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2022/03/25

設備投資、企業物価高によって増勢鈍化へ

小花利輝、坂井遼太郎、白石尚之、細谷香穂、水ノ上博一 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2022/03/24

企業物価、ウクライナ危機により一段高

白石尚之 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2021/10/11

雇用対策にも資するワクチンパスポートの利活用

田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2021/07/12

経済百葉箱 番外編<2021年度>―コロナ禍の課題、「解決策」を探る―