一覧へ戻る
経済百葉箱 第131号

建設業の人手不足、景気腰折れのリスクに

―外国人材受け入れ拡大も決定打にならず―

山田祐太郎、<監修>短期経済予測主査:西岡慎一、総括:宮﨑孝史
   

2019/03/25

▼ポイント▼

    • 政府は20年までに約7兆円の追加的な公共投資を予定している。これは、2018年に相次いだ自然災害やインフラの老朽化への対応を狙いとする。インフラの老朽化には、高度経済成長期にかけて整備された社会資本の多くが、取り替え・補修期に入っていることが背景にある。
    • 公共投資の拡大を巡る問題は、建設業の人手不足だ。建設業の有効求人倍率は5倍に上るうえに、労働者の高齢化が進んでいる。19年4月から実施される外国人労働者の受け入れ拡大も人手不足解消の決定打とはなりにくい。
    • 最近の景況感の悪化や19年10月の消費増税もあって、公共投資が景気下支え役として期待されている。建設業の人手不足が公共投資の進捗に悪影響を及ぼし、景気腰折れにつながるリスクが懸念される。

バックナンバー

2022/03/28

給付金は22年度に民間消費を約1.2兆円押し上げ

鈴木沙織、田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2022/03/25

設備投資、企業物価高によって増勢鈍化へ

小花利輝、坂井遼太郎、白石尚之、細谷香穂、水ノ上博一 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2022/03/24

企業物価、ウクライナ危機により一段高

白石尚之 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2021/10/11

雇用対策にも資するワクチンパスポートの利活用

田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2021/07/12

経済百葉箱 番外編<2021年度>―コロナ禍の課題、「解決策」を探る―