一覧へ戻る
経済百葉箱 第132号

消費税対策、住宅投資の駆け込みを緩和

―7割の世帯で増税負担が軽減―

中村仁美、<監修>短期経済予測主査:西岡慎一、総括:宮﨑孝史
   

2019/03/26

▼ポイント▼

    • 消費税対策として、住宅購入の支援策が実施される。これには、減税やすまい給付金の拡充が挙げられ、消費税率が引き上げられる2019年10月から実施される。これにより、19年10月以降、約7割の世帯で消費増税額を上回る受け取りが生じる。25%の世帯は、受け取りと増税額が同程度となり、受け取りが増税額を下回る世帯は5%程度にとどまる。
    • 支援策による受け取り額は、①所得が小さいほど、②借入期間が長いほど大きくなり、増税額を上回りやすくなる。これは、住宅ローンの減税額が借入残高(上限4000万円)に比例するほか、すまい給付金が中低所得世帯を対象とすることによる。
    • こうした支援策により、増税による駆け込み需要は軽減される。むしろ、増税前に住宅の買い控えが生じる可能性もあり、この傾向は、戸建て住宅で強くみられると考えられる。

バックナンバー

2021/03/29

良好な企業財務、21年度設備投資は反発へ

小野公嗣、杉本直隆、原澤大地 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/26

休業増と労働時間減で守られた雇用

山本大輔、伊禮琢人、末永弘樹、丸山大介 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/19

民間消費、潜在的なペント・アップ需要は約9兆円

小澤智彦、小野公嗣、山本大輔 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2020/11/02

コロナ禍の財政措置、わが国の成果は良好

小澤智彦、末永弘樹、杉本直隆、藤原和也 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:梶田脩斗

2020/10/14

コロナ対策、早いほど少ない死者と経済損失

伊禮琢人、丸山大介、山本大輔 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:梶田脩斗