一覧へ戻る
経済百葉箱 第132号

消費税対策、住宅投資の駆け込みを緩和

―7割の世帯で増税負担が軽減―

中村仁美、<監修>短期経済予測主査:西岡慎一、総括:宮﨑孝史
   

2019/03/26

▼ポイント▼

    • 消費税対策として、住宅購入の支援策が実施される。これには、減税やすまい給付金の拡充が挙げられ、消費税率が引き上げられる2019年10月から実施される。これにより、19年10月以降、約7割の世帯で消費増税額を上回る受け取りが生じる。25%の世帯は、受け取りと増税額が同程度となり、受け取りが増税額を下回る世帯は5%程度にとどまる。
    • 支援策による受け取り額は、①所得が小さいほど、②借入期間が長いほど大きくなり、増税額を上回りやすくなる。これは、住宅ローンの減税額が借入残高(上限4000万円)に比例するほか、すまい給付金が中低所得世帯を対象とすることによる。
    • こうした支援策により、増税による駆け込み需要は軽減される。むしろ、増税前に住宅の買い控えが生じる可能性もあり、この傾向は、戸建て住宅で強くみられると考えられる。

バックナンバー

2022/03/28

給付金は22年度に民間消費を約1.2兆円押し上げ

鈴木沙織、田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2022/03/25

設備投資、企業物価高によって増勢鈍化へ

小花利輝、坂井遼太郎、白石尚之、細谷香穂、水ノ上博一 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2022/03/24

企業物価、ウクライナ危機により一段高

白石尚之 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2021/10/11

雇用対策にも資するワクチンパスポートの利活用

田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2021/07/12

経済百葉箱 番外編<2021年度>―コロナ禍の課題、「解決策」を探る―