一覧へ戻る
中国・アジアウォッチ シリーズ企画「香港『ライズ』に見るテクノ地政学」 (上)

貿易戦争で米中関係が焦点に

――インド、東南アジアに投資機会

上原 正詩
  アジア予測室長兼主任研究員

2019/08/14

 イノベーションへの関心が高まる中、世界各国でスタートアップとベンチャーキャピタル(VC)を集めたテックイベントが盛んに開催されている。香港のテックイベント「ライズ(RISE)」は今年で5年目を迎え、アジア最大級のイベントに成長した。7月9~11日に開かれた「ライズ2019」に参加し、テクノロジーやイノベーションを巡る地政学、投資家が注目する技術分野などを探ってきた。

テックイベント「ライズ(RISE)」の入口

【(上)のポイント】

  1. アジア最大級のテックイベント「ライズ(RISE)」が香港で7月に開催された。米中を代表するユニコーン企業などのトップが相次ぎ講演し、貿易摩擦への関心が高まる中、米中関係がイベント参加者の主要な関心事であることを印象付けた。
  2. パネル展示したスタートアップや参加した主要ベンチャーキャピタル(VC)の顔ぶれを分析すると、米中の投資家が東南アジアやインドのスタートアップへの投資機会を探る、という構図が浮かび上がる。
  3. 米著名ベンチャーキャピタリストは「次にインターネット利用者が増えるのはインド、東南アジア、南米」と語り、今後10年でこうした地域でユニコーン企業が輩出すると予測する。足元の中国へのVC投資が落ち込む中、同国の積極的なデジタル・インフラストラクチャー投資を評価する意見も聞かれた。
関連レポート

 ・第4回アジア経済中期予測 「アジア、浮かぶ都市、沈む都市」

シリーズ企画「香港『ライズ』に見るテクノ地政学」
 ・【中】中国、ネット世界で独自の生態系構築――脱模倣へ、5GやAIなど社会実装で先行

 シリーズ企画「北米、飛躍する起業都市」
 ・【第1回】突出するベイエリア、ユニコーン6割集中――背後にアクセラレーター「Yコンビネーター」
 ・【第2回】ベイエリア、サンフランシスコに重心移動――アクセラレーター、差別化競う
 ・【第3回】シリコンバレーでムーンショットを狙え――シンギュラリティ大学など世界的課題に挑戦
 ・【第4回】ロサンゼルスにシリコンビーチ出現――サンタモニカに起業の風、モビリティ関連も注目
 ・【第5回】シアトル、マイクロソフトが生態系中心に――アマゾン、ワシントン大とトライアングル形成へ
 ・【第6回】バンクーバー、デジタル娯楽産業が勃興――「カスカディア回廊」と新移民政策が追い風に

 シリーズ企画「中国、AI 、イノベーション」
 ・【上】中国、イノベーション先進国に――特許、論文数で米凌駕、北京中心にAI振興
 ・【中】北京、大学とVCが集積――創業ストリートなど出会いの場も充実
 ・【下】合肥、音声認識で「声谷」形成――科大訊飛と中国科技大が核に

※旧サイト(~2018.8月)の中国・アジア研究、アジア予測、コラムなどの一覧はこちらから