一覧へ戻る
金融研究

全国銀行の最終損益は前年比27%減
―預貸率は下げ止まらず、外債や投資信託での運用に傾斜―

2019年度金融研究班報告①:銀行決算分析(19年3月期)

委託研修生:中野雅貴、吉田光
   
監修:左三川(笛田) 郁子
  金融研究室長兼主任研究員
研究員:宮﨑 孝史
  副主任研究員

2019/10/16

2019年3月期の全国銀行決算は、全業態で最終減益となり、9年ぶりに3兆円の大台を割り込んだ。預貸利ざやの縮小を受けて粗利益が減少したほか、システム関連の減損という特殊要因もあった。貸出金利回りは経費率とほぼ同水準まで下がり、コスト削減による利ざやの確保は限界を迎えつつある。貸出金の増加を上回る預金の増加によって都市銀行の預貸率は10年連続で低下、過去最低を更新した。長期金利がマイナス圏に低下したことで、都市銀行の国債保有残高は18年度には再び減少に転じた。低金利環境の長期化で、貸出業務の収益環境の改善が見込みにくい中、メガバンクや地方銀行では外債や投資信託といったリスク性資産運用に傾斜するなど、リスクテイク姿勢を強めている。この間、地方銀行や第二地方銀行による貸倒引当金の積み増しは鈍化しており、景気が悪化すると銀行の財務内容に負の影響を及ぼす可能性が高まっている。

 

バックナンバー

2021/10/07

全国銀行の最終利益、コロナ禍前の水準には戻らず
―地域銀行の最終利益、特別当座預金制度が1割弱押し上げへ―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:梶田 脩斗 研究生:間場 紗壽、埋橋 尚吾、手塚 昂嗣、生川 貴一

2021/03/30

2020年度金融研究報告 地銀再編と金融ビジネスの新潮流

2021/03/22

ポスト・コロナの新たな脅威
―業務多様化で収益力強化、グリーン化による座礁資産化の抑止を―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢

2021/03/19

日銀、TOPIX連動のETF買い入れに一本化

左三川(笛田) 郁子 中野雅貴:2019年度委託研究生(日本政策金融公庫中小企業事業本部から派遣)

2021/03/05

コロナ危機下の地域金融―迫りくる再編と金融ビジネスの新潮流―

総主査:岩田 一政 / 主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢