一覧へ戻る
経済百葉箱 第149号

ウイルス終息後は情報化投資で活路を

―サービス業でも労働から資本に代替しやすく―

黄盛凱、白須光樹、野口翔平 <監修>短期経済予測主査:西岡慎一 総括:田中顕
   

2020/04/07

▼ポイント▼

          • 新型コロナウイルス感染症の流行前から、労働投入(経済全体の総労働時間)が減少に転じている。景気減速の影響もあろうが、近年の労働規制の強化が、人件費を上昇させ、企業サイドの採用意欲が後退した可能性もある。
          • 人件費の上昇圧力が高まるなかで生産量を維持するには、設備投資を積み増すことで労働生産性を引き上げることが一つの方策となる。特にサービス業では、資本装備率(労働投入1単位当たりの資本ストック)の低下が、労働生産性の停滞につながってきた。
          • 試算によれば、近年、情報通信技術の進展で、サービス業においても労働から資本への代替が進みやすく変化しており、設備投資を積み増す余地が大きいと考えられる。現在は設備投資を実行できる環境にないが、ウイルス感染の終息後は、生産性向上に向けた情報化投資でサービス業に活路を求めていくことが重要となる。

バックナンバー

2021/05/27

コロナ禍の新興国への証券投資、流出は景気下押しに

藤原和也、丸山大介 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎

2021/03/29

良好な企業財務、21年度設備投資は反発へ

小野公嗣、杉本直隆、原澤大地 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/26

休業増と労働時間減で守られた雇用

山本大輔、伊禮琢人、末永弘樹、丸山大介 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/19

民間消費、潜在的なペント・アップ需要は約9兆円

小澤智彦、小野公嗣、山本大輔 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2020/11/02

コロナ禍の財政措置、わが国の成果は良好

小澤智彦、末永弘樹、杉本直隆、藤原和也 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:梶田脩斗