一覧へ戻る
経済百葉箱 第154号

コロナ対策、早いほど少ない死者と経済損失

―感染再拡大リスクに備え意思決定の迅速化を―

伊禮琢人、丸山大介、山本大輔 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:梶田脩斗
   

2020/10/14

▼ポイント▼

          • 各国の新型コロナウイルスへの政策対応の評価を、「感染による死亡者数」と「実質GDP成長率の減少率」を用いてスコア化した。日本は54カ国中12位だった。
          • スコアの上位国と下位国を比較すると、封じ込め政策を開始したタイミングに明確な差があった。早期に対策を開始した国ほど死亡者数と経済損失が少ないという傾向があった。
          • 日本の政策対応は、諸外国と比較して遅く、死亡者数はより増加してもおかしくなかった。しかし、日本は死亡者数が少なく、特殊な国だった。
          • 感染再拡大のリスクを踏まえると、世界各国において、迅速な意思決定を行う態勢の整備が求められる。

バックナンバー

2021/10/11

雇用対策にも資するワクチンパスポートの利活用

田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2021/07/12

経済百葉箱 番外編<2021年度>―コロナ禍の課題、「解決策」を探る―

2021/05/27

コロナ禍の新興国への証券投資、流出は景気下押しに

藤原和也、丸山大介 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎

2021/03/29

良好な企業財務、21年度設備投資は反発へ

小野公嗣、杉本直隆、原澤大地 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/26

休業増と労働時間減で守られた雇用

山本大輔、伊禮琢人、末永弘樹、丸山大介 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀