一覧へ戻る
経済百葉箱 第153号

休業者の雇調金打ち切りは失業増に

―年度末の正念場突破に不可欠な再延長―

有田勇一 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀
   

2020/10/05

▼ポイント▼

          • コロナ禍、わが国では、雇用調整助成金(雇調金)制度の特例措置を受けて、休業者が急増した。これにより、わが国の完全失業率の上昇はG7諸国の中で圧倒的に小さかった。同特例措置は今年末で打ち切りとなる予定だ。
          • 休業者の数は、今年4月の約600万人をピークに減少し、8月には216万人となった一方で、休業者のうち職場復帰を果たせずに完全失業者へ移行する者のシェアは5月の1.7%からジリジリと上昇し、8月には3.8%に達した。
          • 同特例措置の年末打ち切りを前提とする日本経済研究センターの最新予測(9月8日策定)の雇用環境に関する予測値に基づいて試算すると、同シェアは今後も上昇を続け、21年3月には6.9%に達し、個人消費を巡る情勢は正念場を迎える。
          • この状況の突破には、同特例措置の延長が不可欠だ。21年3月まで同措置が延長されると、21年3月の同シェアは4.8%へ2.1%ポイント低下する、と試算される。これは、21年1-3月期を通じて完全失業率を0.4%ポイント押し下げる効果を持つ。

バックナンバー

2021/03/29

良好な企業財務、21年度設備投資は反発へ

小野公嗣、杉本直隆、原澤大地 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/26

休業増と労働時間減で守られた雇用

山本大輔、伊禮琢人、末永弘樹、丸山大介 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2021/03/19

民間消費、潜在的なペント・アップ需要は約9兆円

小澤智彦、小野公嗣、山本大輔 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:松尾朋紀

2020/11/02

コロナ禍の財政措置、わが国の成果は良好

小澤智彦、末永弘樹、杉本直隆、藤原和也 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:梶田脩斗

2020/10/14

コロナ対策、早いほど少ない死者と経済損失

伊禮琢人、丸山大介、山本大輔 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎 総括:梶田脩斗