一覧へ戻る
金融研究

コロナ危機下の地域金融―迫りくる再編と金融ビジネスの新潮流―

2020年度金融研究班報告③

総主査:岩田 一政
  代表理事・理事長
主査:左三川(笛田) 郁子
  金融研究室長兼主任研究員
総括:宮﨑 孝史
  副主任研究員
委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢
   

2021/03/05

【概要】人口減少や低金利環境の長期化に加え、新型コロナの影響が追い打ちとなり、地域金融機関の経営は苦境に立たされています。再編の議論が再燃するなか、地銀は異業種との連携や新サービスの提供による収益力強化の道を模索しています。また、新たな潜在的リスクとして気候変動が注目されています。今年度の金融研究班の研究成果をご説明します。
</ p>

金融研究の公表スケジュールは下記の通りです。</ p>
3月下旬    金融研究班報告③(リポート)、報告書全文公表</ p> </ p>

2021年3月8日: 訂正とお詫び
2021年3月5日に開催した、2020年度金融研究班報告③「コロナ危機下の地域金融―迫りくる再編と金融ビジネスの新潮流―」の図表において誤りがありましたので、説明会資料を差し替えました。お詫びして訂正いたします。訂正箇所・内容は以下のとおりです。
訂正箇所: 金融研究説明会資料②―左三川主任研究員のスライド19ページ
訂正内容: 日銀のJ-REIT大量保有銘柄の図表に、同一の銘柄(日本ビルファンド)を重複して記載しておりました。日銀のJ-REIT大量保有銘柄は23銘柄となります。また、プレミア投資法人の日銀の保有割合は5.02%となります。

【正誤表】

【スライド19図表(訂正前)】

【スライド19図表(訂正後)】

バックナンバー

2021/03/30

2020年度金融研究報告 地銀再編と金融ビジネスの新潮流

2021/03/22

ポスト・コロナの新たな脅威
―業務多様化で収益力強化、グリーン化による座礁資産化の抑止を―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢

2021/03/19

日銀、TOPIX連動のETF買い入れに一本化

左三川(笛田) 郁子 中野雅貴:2019年度委託研究生(日本政策金融公庫中小企業事業本部から派遣)

2021/03/05

コロナ危機下の地域金融―迫りくる再編と金融ビジネスの新潮流―

総主査:岩田 一政 / 主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢

2020/12/22

コロナで加速する地銀の再編
―地方圏で金融過剰度高く、経営基盤強化が急務―

主査:左三川(笛田) 郁子 / 総括:宮﨑 孝史 委託研究生:飯田航平、竹内直也、田中哲矢