一覧へ戻る
データサイエンス研究 リサーチペーパー

コロナ禍がもたらした住宅価格の二極化

ー不動産オープンデータで見るいびつな実態ー

北爪 匡 日本経済新聞社編集 記者
   
監修(データサイエンスコース主査):渡辺 安虎
  特任研究員/東京大学教授

2021/04/25

<要旨>
 新型コロナウイルス禍で世界経済が深刻な打撃を受ける中、国内の住宅市場もその影響を免れない。国土交通省の集計によると、2020年4〜9月の住宅(戸建て・分譲マンション)の取引件数は前年同期から14%減った。同省が公開する個別取引データを集計したところ、この間の物件の1坪あたりの平均単価は6.2%下がった。
 ただし価格帯ごとに単価の伸びを推計すると、安い物件と高い物件で値動きには大きな差があることがわかった。需要縮小を反映して低価格物件の単価が大きく下がる一方、高額物件への影響は小さく、コロナ禍によるいびつな値動きが浮き彫りになった。特に取引の流動性が比較的高いとされるマンションの高価格帯は、品質を調整した単価が20年に6%超、上昇した。
 商業施設やオフィス向けの投資が低調な中で住宅取引に流入するマネーは増えたこともあり、より高品質・好条件の物件が選好された面がある。ただし低所得層では持ち家を手放す傾向が表れており、状況をきめ細かに注視する必要がある。

マンション、戸建住宅の分位点ごとの坪単価の変化

※2021年4月25日付の日本経済新聞朝刊で本レポートの内容が紹介されました。

<ご案内>
 日本経済研究センターは2020年度、ミクロのビッグデータから経営戦略に役立つ知見を引き出す人材を育成する「データサイエンスコース」を開設しました。元アマゾンジャパン・経済学部門長の渡辺安虎・東京大学教授がコースの指導にあたります。ビジネスの文脈上で実践的なデータを活用し、デジタルトランスフォーメーション(DX)経営を担える科学的な分析能力を養います。
 その分析成果の一部をこちらで発信していきます。

データサイエンスコースを含む研修制度の紹介はこちらをご覧ください。
研修制度のご案内

バックナンバー

2021/09/05

コロナ後に進む引っ越し「ローカル化」

真鍋和也(日本経済新聞社) / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2021/08/29

コロナ禍でも拡大続くギグワーク市場

真鍋和也(日本経済新聞社) / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2021/06/13

見た目より下がったコロナ後のアルバイト時給

桐井智弘、久保田昌幸、眞鍋和也(日本経済新聞社) / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2021/04/25

コロナ禍がもたらした住宅価格の二極化

北爪 匡 日本経済新聞社編集 記者 監修(データサイエンスコース主査):渡辺 安虎

2021/03/25

スマートメーターデータで電力需要を予測

松尾 俊哉 / 監修:渡辺 安虎田原 健吾 高野 哲彰