一覧へ戻る
データサイエンス研究 リサーチペーパー

コロナ禍でも拡大続くギグワーク市場

―「地方から都市へ」の業務委託に勢い―

真鍋和也(日本経済新聞社)
   
監修:渡辺 安虎
  特任研究員/東京大学教授
田原 健吾
  データサイエンス研究室長兼主任研究員

2021/08/29

<要旨>
 新型コロナウイルス禍で日本の失業者は増え、求人倍率は低下した一方で、インターネット上でシステム開発やウェブページのデザインなどの業務を受発注する「ギグワーク」の市場は成長を続けている。日本最大級の仲介サービスのデータを分析すると、2020年の契約件数は固定報酬型の業務で前年比2割近く増えた。
 興味深いのが地理的な動向である。20年以降の新規登録者数を人口比でみると、発注側は地方、受注側は都市部が多い。地方部の人材不足を都市部が補う構図だ。業務の受発注でも地方からの仕事を都市のワーカーが受注する案件の伸びが目立つ。
 契約案件は19年以降、短期化する傾向で、受発注双方にとって「参入」ハードルの低い案件が増えている。あわせて単価も下がっているが、契約期間あたりの報酬で見ると、職種構成の変化を考慮しても足元でやや上昇基調にある。

ギグワーク契約件数

※2021年8月29日付の日本経済新聞朝刊3面で本レポートの内容が紹介されました。

バックナンバー

2021/09/05

コロナ後に進む引っ越し「ローカル化」

真鍋和也(日本経済新聞社) / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2021/08/29

コロナ禍でも拡大続くギグワーク市場

真鍋和也(日本経済新聞社) / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2021/06/13

見た目より下がったコロナ後のアルバイト時給

桐井智弘、久保田昌幸、眞鍋和也(日本経済新聞社) / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2021/04/25

コロナ禍がもたらした住宅価格の二極化

北爪 匡 日本経済新聞社編集 記者 監修(データサイエンスコース主査):渡辺 安虎

2021/03/25

スマートメーターデータで電力需要を予測

松尾 俊哉 / 監修:渡辺 安虎田原 健吾 高野 哲彰