一覧へ戻る
Discussion Paper Discussion Paper 090 (2004.09)

[No.090] 日本の地域労働市場に関する一考察 –欧米との比較の観点から

河越正明/主任研究員
   

2004/09/01

要 旨

 本稿は日本の地域労働市場が外生的なショックにどのように反応するか、Decressin and F´atas(1995) と同様の手法を用いて分析し、彼らの得たアメリカとヨーロッパの結果と比較検討した。その結果、日本の地域労働市場のダイナミクスは、第一次接近としてはアメリカよりもヨーロッパに似ている。労働力率の変動の役割が大きい点が両者の共通点であるが、日本の方がその役割がより大きく、その裏返しとして、日本では人口移動の果たす役割がヨーロッパよりも小さいという意外な事実を発見した。