一覧へ戻る
Discussion Paper Discussion Paper 125 (2009.11)

[No.125] 支出側統計を用いた都道府県別経済予測手法の開発

白井大地 研究員
   

2009/11/01

要 旨

 県民経済計算は国が作成している産業別のデータを基に実績値を推計している。予測の際にも、この方法にならえば産業別見通しを作成する必要があるが、作成している機関は少なく入手が難しい。本稿の方法は、民間シンクタンクの多くが公表している民間消費や設備投資などGDP支出項目の見通しを基礎データとするもので、各都道府県の成長率を簡便に予測することができる。各県は少なからず日本経済全体と連動しているため、連動している部分はGDP支出項目で、それ以外は人口などの各県固有の変数で説明する。
 本手法は、実績値が判明するのに2年近くもかかる県民経済計算の公表の遅さを補う1つの手法としても活用できる。地域別の景気や地域格差などの機動的な把握もしやすくなる。