一覧へ戻る
経済百葉箱 第163号

給付金は22年度に民間消費を約1.2兆円押し上げ

― 日経平均2万2,000円台まで下落なら効果打ち消し ―

鈴木沙織、田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀
   

2022/03/28

▼ポイント▼

          • 岸田政権による「10万円給付」がもたらす消費押し上げ効果は1.5兆円程度と試算できる。このうち、1.2兆円程度は22年度に発生する。
          • 1.5兆円の内訳は、「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」で1.3兆円程度、「子育て世帯への臨時特別給付」で0.2兆円程度。
          • 実質ベースで、民間消費について共和分分析を行うと、有価証券残高が10%減少しその水準で横ばいとなる場合、民間消費の前年比伸び率は1年間の間に0.7ポイント押し下げられることが分かった。
          • 株安は有価証券残高の押し下げを通じて負の資産効果を生む。22年度の日経平均株価が年度中の平均で2万3,500円になると、民間消費の前年比伸び率は0.3ポイント押し下げられる。この場合、実質GDPの前年比伸び率は0.2ポイント低下する。株価がさらに下落して、22年度の日経平均株価が年度中の平均で2万2,000円程度になると、10万円給付による22年度の押し上げ効果は打ち消される計算だ。
          • 政府による金融所得課税の強化については、株価押し下げ効果の大小、その負の資産効果の大小を踏まえた検討が必要である。

バックナンバー

2022/03/28

給付金は22年度に民間消費を約1.2兆円押し上げ

鈴木沙織、田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2022/03/25

設備投資、企業物価高によって増勢鈍化へ

小花利輝、坂井遼太郎、白石尚之、細谷香穂、水ノ上博一 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2022/03/24

企業物価、ウクライナ危機により一段高

白石尚之 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2021/10/11

雇用対策にも資するワクチンパスポートの利活用

田中大貴 <監修>短期経済予測主査:稲葉圭一郎、総括:松尾朋紀

2021/07/12

経済百葉箱 番外編<2021年度>―コロナ禍の課題、「解決策」を探る―