データサイエンス研究

リサーチブリーフ

スマートメーターデータで電力需要を予測

ークラスタリングでも予測精度向上ー

松尾 俊哉
   
監修:渡辺 安虎
  特任研究員/東京大学教授
田原 健吾
  データサイエンス研究室長兼主任研究員
高野 哲彰
  副主任研究員

2021/03/25

自社と契約している世帯の30分ごとの電力消費を示すスマートメーターの匿名化されたデータの一部を用いて、翌日の電力需要を予測するモデルを推計した。世帯ごとのデータを用いることで、集計データのみを用いる予測に対してどの程度予測精度を改善できるか検証した。その概要を紹介する。

>続きを読む
2021/03/25

スマートメーターデータで電力需要を予測

松尾 俊哉 / 監修: 渡辺 安虎田原 健吾 高野 哲彰

2021/03/25

ダイレクトメールの効果改善余地を分析

山本 大輔 / 監修: 渡辺 安虎 田原 健吾

2021/03/18

POSデータで見る緊急事態宣言下の消費動向

飯田 航平、中原 鉄二、宗像 藍子 / 監修: 渡辺 安虎田原 健吾 高野 哲彰

2021/03/18

軽減税率の有無で販売動向は変化したか

伊禮 琢人、竹内 直也 / 監修: 渡辺 安虎田原 健吾 高野 哲彰

2021/03/17

酒税の税率一本化で変わる販売シェア

小澤 智彦、末永 弘樹、杉本 直隆 / 監修: 渡辺 安虎田原 健吾 高野 哲彰