金融研究

米金利上昇で日銀の指し値オペ0.25%は維持困難に        ―イールドカーブ・コントロールの見直し必要―

主査:左三川(笛田) 郁子
  金融研究室長兼主任研究員
総括:梶田 脩斗
  副主任研究員

2022/04/22

2022/04/22

米金利上昇で日銀の指し値オペ0.25%は維持困難に        ―イールドカーブ・コントロールの見直し必要―

主査: 左三川(笛田) 郁子 総括: 梶田 脩斗

2022/03/28

2021年度金融研究報告 地銀の店舗戦略と金融正常化のコスト、気候変動

2022/03/22

脱炭素目標の達成、CO2回収技術への投融資がカギ―グリーンファイナンス市場は1,000兆円も、地銀の商機に―

総括: 梶田 脩斗 / 研究生: 間場 紗壽、埋橋 尚吾、手塚 昂嗣 <監修>主査: 左三川(笛田) 郁子

2022/03/18

FRBの金融政策正常化で米長期金利は4%超も―資源高騰と円安で日銀の緩和維持が「自国窮乏化」につながるおそれ―

主査: 左三川(笛田) 郁子 / 総括: 梶田 脩斗 研究生: 間場 紗壽、生川 貴一

2022/03/03

【web説明会】地域金融機関の店舗戦略と金融正常化のコスト、気候変動

総主査: 岩田 一政 / 主査: 左三川(笛田) 郁子 / 総括: 梶田 脩斗 研究生: 間場 紗壽、埋橋 尚吾、手塚 昂嗣、生川 貴一

2022/02/14

保有資産長期化で日銀の出口、遠のくおそれも

主査: 左三川(笛田) 郁子 総括: 梶田 脩斗