研究スタッフページへ戻る

蓮見 亮

はすみ・りょう

特任研究員

中期経済予測

( 第46回中期経済予測 / 2019-2035年度 )

デジタル&グリーン化で豊かさ維持

―縮小の常態化を避ける道筋

主査:田原 健吾
  主任研究員
コーディネーター:松尾 朋紀
  研究員
小林 辰男
  政策研究室長兼主任研究員
猿山 純夫
  首席研究員
落合 勝昭
  特任研究員
蓮見 亮
  特任研究員
川崎 泰史
  特任研究員
石井 康広 研究生(横浜銀行より派遣)
   
浦郷 忠右 研究生(阪急阪神ホールディングスより派遣)
   
津久井 大介 研究生(東日本銀行より派遣)
   
根本 涼 研究生(日本経済新聞社より派遣)
   

2020/03/25

新型コロナウイルスの感染が世界で急拡大し、経済にも影響を及ぼしている。20年いっぱい世界で感染の影響が長引き、米欧でも消費の自粛が広がりマイナス成長に陥るリスクシナリオでは、20年度の日本の実質国内総生産(GDP)は、世界金融危機のあった08年度よりも深い4%程度の落ち込みとなる。企業の倒産や失業が広がれば、長期的にもGDPの水準が2%程度押し下げられる可能性がある。 コロナ危機を回避する標準シ

>続きを読む