研究スタッフページへ戻る

高野 哲彰

たかの・てつあき

副主任研究員

アジア経済予測

アジア経済中期予測

アジア、コロナで消えた180兆円

20年、サービス業の打撃深刻 負債拡大で中期的な影響も

丸山 大介 研究生
   
高野 哲彰
  副主任研究員

2021/10/20

アジア中期経済予測班では、12月に公表する中期予測に先駆け、随時レポートを公表してまいります。今回は、第1弾として、コロナ危機がアジアにもたらした損失を試算しました。 【概要】 アジア経済で、観光業などサービス産業が大きな打撃を受けている。新型コロナウイルスが流行した2020年、日本を含むアジア15カ国・地域の経済全体の損失は名目GDPに換算すると約180兆円にのぼった。インド

>続きを読む