研究スタッフページへ戻る

落合 勝昭

おちあい・かつあき

特任研究員

中期経済予測

( 第49回(標準シナリオ)中期経済予測 / 2022-2035年度 )

30年代、マイナス成長常態化の恐れ

貿易赤字定着、公的債務残高も増加続く

総主査:小林 辰男
  政策研究室長兼主任研究員
主査:石井 達也
  主任研究員
総括:松尾 朋紀
  副主任研究員
落合 勝昭
  特任研究員
川崎 泰史
  特任研究員

2022/12/07

 ウクライナ戦争と資源価格の高騰は長期化の様相を見せている。東アジアでは台湾有事リスクが高まるなか、米国が先端半導体の対中輸出規制に踏み出し、中国経済との分断が現実化しつつある。激動する国際情勢の下で、日本国内では少子高齢化・人口減少が進行し、労働力不足と社会保障負担増が深刻化している。民間経済の活力維持は一層難しくなり、財政の持続可能性のリスクが高まっていく。  こうした内外の環境を踏まえ、2

>続きを読む