一覧へ戻る

大竹 文雄

おおたけ・ふみお

研究顧問

専門:

労働経済学、行動経済学

略歴

京都大学 経済学部卒
大阪大学博士(経済学)

1985年 大阪大学経済学部助手
1988年 大阪府立大学講師
1990年 大阪大学社会経済研究所助教授
1990年 Fulbright Fellow : Economic Growth Center, Yale University
1996年 文部省在外研究員(Essex University)
2001年 大阪大学社会経済研究所教授
2007年-2009年 大阪大学社会経済研究所長
2010年4月 日本経済研究センター研究顧問(現職)
2018年4月 大阪大学大学院経済学研究科教授(現職)

著書・論文

『労働経済学入門』、日本経済新聞社 1998年
『解雇法制を考える-法学と経済学の視点』、勁草書房 2002年(大内伸哉・山川隆一氏との共編著)
『日本の不平等-格差社会の幻想と未来-』、日本経済新聞社 2005 年
『経済学的思考のセンス』、中央公論新社 2005 年
『競争と公平感 市場経済の本当のメリット』、中央公論新社 2010 年
『経済学のセンスを磨く』 日本経済新聞出版社 2015年