一覧へ戻る

竹中 平蔵

たけなか・へいぞう

研究顧問

専門:

経済政策

略歴

1973年 一橋大学経済学部卒業
  同年 日本開発銀行入行
1977年 同設備投資研究所
1981年 ハーバード大学、ペンシルバニア大学 客員研究員
1982年 大蔵省財政金融研究室 主任研究官(~1987年6月)
1987年 大阪大学経済学部 助教授(~1989年1月)
1989年 ハーバード大学 客員准教授
      国際経済研究所(Institute of International Economics)客員フェロー
1990年 慶應義塾大学総合政策学部 助教授
1996年 同 教授
1998年 「経済戦略会議」(小渕首相諮問会議)メンバー
2000年 「IT戦略会議」(森首相諮問会議)メンバー
2001年 「IT戦略本部」メンバー
      国務大臣 経済財政担当大臣
2002年 金融担当大臣・経済財政政策担当大臣
2003年 内閣府特命担当大臣(金融・経済財政政策)
2004年 参議院議員当選
     内閣府特命担当大臣(経済財政政策)・郵政民営化担当
2005年 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)・郵政民営化担当(再任)
     総務大臣・郵政民営化担当
2006年 9月 参議院議員辞職
  同年 11月 慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長
  同年 12月 日本経済研究センター特別顧問
2010年4月 日本経済研究センター研究顧問(現職)
2016年4月 東洋大学教授・慶應大学名誉教授(現職)

著書・論文

『研究開発と設備投資の経済学』東洋経済新報社、1984年(サントリー学芸賞受賞)
『対外不均衡のマクロ分析』東洋経済新報社、1987年(エコノミスト賞受賞)
『日米摩擦の経済学』日本経済新聞社、1991年
『日本賢国論』電通、1993年
『日本経済の国際化と企業投資』 日本評論社、1993年
『民富論』講談社、1994年
『早い者が勝つ経済』PHP、1998年
『経世済民-経済戦略会議の180日』ダイヤモンド社、1999年
『ソフト・パワー経済-21世紀日本の見取り図』PHP、1999年
『経済ってそういうことだったのか会議』日本経済新聞社、2000年
『みんなの経済学』幻冬舎、2000年
『あしたの経済学』幻冬舎、2003年
『郵政民営化「小さな政府」への試金石』PHP、2005年
『やさしい経済学』幻冬舎、2005年
『竹中平蔵の特別授業』集英社インターナショナル、2005年
『構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌』日本経済新聞社、2006年
ほか多数