一覧へ戻る

梶田 脩斗

かじた・ゆうと

副主任研究員

専門:マクロ経済学 金融政策 財政政策 経済予測

略歴

2014年3月 早稲田大学商学部卒
2016年3月 早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了
2016年4月 早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程入学
       現在、同研究科在学中
2019年1月 日本経済研究センター研究本部研究員
2020年1月 日本経済研究センター研究本部副主任研究員

講演活動

教育 
2016年度:早稲田大学政治経済学部「ミクロ経済学入門,マクロ経済学入門,ミクロ経済学A/B,マクロ経済学A/B」TA
2016-2018年度:早稲田大学大学院経済学研究科「Macroeconomics Ⅲ」TA
2018年度:早稲田大学商学部「基礎経済学 1、2、3」「基礎経済学5」TA 
2016-2019年度:早稲田大学大学院経営管理研究科「コーポレートファイナンス」「金融ビジネスとシステムデザイン」「中級ファイナンス」TA 
2019年度:東海大学政治経済学部「金融論」非常勤講師
2020年度:東京理科大学「マクロ計量経済学」非常勤講師
所属学会 
日本経済学会、Econometric Society

著書・論文

Hasumi, Ryo and Yuto Kajita (2018). Boundary problem and data leakage: A caveat for wavelet-based forecasting. JCER Discussion Paper, 148.
Iiboshi, Hirokuni, Yasuharu Iwata, Yuto Kajita and Naoto Soma (2019). Time-varying Fiscal Multipliers Identified with Sign and Zero Restrictions: A Bayesian Approach to TVP-VAR-SV model (work-in-progress).
Kajita Yuto (2019). A Pitfall of Interest on Excess Reserves: A Perspective of Fiscal-Monetary Interaction (work-in-progress).
Kajita, Yuto and Kozo Ueda (2019). QE Effects on Prices through a Fiscal Channel (work-in-progress).
レポート
黄盛凱、根本涼、梶田脩斗(2019)、「中国ハイテク排除、2経路で世界に波及:調達減はアジアに、販売減は欧米に影響」、日本経済研究センター『経済百葉箱』、第138号.
石井康広、浦郷忠右、梶田脩斗(2019)、「米金融政策見直す「シカゴ・コンファレンス」:FRBは2020年前半に方向性公表へ」、日本経済研究センター『経済百葉箱』、第142号.
圓花弘樹、若杉達也、梶田脩斗(2020)、「「金融戦争」に発展する米中摩擦:中国企業の米投資制限や上場廃止も」、日本経済研究センター『経済百葉箱』、第145号.
増田裕介、若杉達也、梶田脩斗(2020)、「中国、異例のマイナス成長へ:10%減産で世界生産120兆円の下押し圧力」、日本経済研究センター『経済百葉箱』、第148号.
監修
白須光樹、山口修平(2019)、「貿易取引の停滞、世界的な生産性低下の恐れ:自由貿易の枠組み広げる取り組み重要に」、日本経済研究センター『経済百葉箱』、第137号.
佐藤洋介(2019)、「海外ショックの伝播捉えるGVARモデル:中国GDP下振れは貿易を通じ世界に波及」、日本経済研究センター『経済百葉箱』、第141号.
黄盛凱、白須光樹(2020)、「中国のインフラ投資、景気減速の一因に:地方政府の2つの財源に制約」、日本経済研究センター『経済百葉箱』、第144号.
嵯峨元成、佐藤洋介(2020)、「気候変動対策は金融分野に拡大:ECB、「グリーンQE」を検証」、日本経済研究センター『経済百葉箱』、第151号.
伊禮琢人、丸山大介、山本大輔(2020)、「コロナ対策、早いほど少ない死者と経済損失:感染再拡大に備え意思決定の迅速化を」、日本経済研究センター『経済百葉箱』、第154号.
受託研究
国土交通省「公共投資の経済効果を計測するマクロ経済モデルの構築に関する業務」(2016、2017年度)
学会報告
2016年:政治経済学会第7回研究大会・総会(早稲田大学,3月)
2017年:日本経済学会2017年度春季大会(立命館大学,6月)、Singapore Economic Review Conference(Singapore, 8月)
2018年:第12回若手経済学者のためのマクロ経済学コンファレンス(大阪大学,2月)、CPPE Annual Conference(早稲田大学,3月)、2018 Asian Meeting of the Econometric Society(Seoul,6月)、2018 Annual Meeting of the Central Bank Research Association(Frankfurt,8月)、日本経済学会2018年度秋季大会(学習院大学,9月)
2019年:DSGE Conference 2019(沖縄,3月)、2019 Asian Meeting of the Econometric Society(Xiamen,6月)、マクロ・金融ワークショップ(一橋大学、12月)
2020年:マクロモデル研究会(オンライン、9月)