一覧へ戻る

梶田 脩斗

かじた・ゆうと

研究員

専門:マクロ経済学 金融政策 財政政策 経済予測

略歴

2014年3月早稲田大学商学部卒
2016年3月早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了
2016年4月早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程入学
       現在、同研究科在学中
2019年1月日本経済研究センター研究本部

講演活動

所属学会 日本経済学会

著書・論文

Hasumi, Ryo and Yuto Kajita (2018). Boundary problem and data leakage: A caveat for wavelet-based forecasting. JCER Discussion Paper, 148.
Iiboshi, Hirokuni, Yasuharu Iwata, Yuto Kajita and Naoto Soma (2019). Time-varying Fiscal Multipliers Identified with Sign and Zero Restrictions: A Bayesian Approach to TVP-VAR-SV model (work-in-progress).
Kajita Yuto (2019). A Pitfall of Interest on Excess Reserves: A Perspective of Fiscal-Monetary Interaction (work-in-progress).
Kajita, Yuto and Kozo Ueda (2019). QE Effects on Prices through a Fiscal Channel (work-in-progress).
学会報告
・2016年:政治経済学会第7回研究大会・総会(早稲田大学,3月)
・2017年:日本経済学会2017年度春季大会(立命館大学,6月)、Singapore Economic Review Conference(Singapore, 8月)
・2018年:第12回若手経済学者のためのマクロ経済学コンファレンス(大阪大学,2月)、CPPE Annual Conference(早稲田大学,3月)、2018 Asian Meeting of the Econometric Society(Seoul,6月)、2018 Annual Meeting of the Central Bank Research Association(Frankfurt,8月)、日本経済学会2018年度秋季大会(学習院大学,9月)
・2019年:DSGE Conference 2019(沖縄,3月)、2019 Asian Meeting of the Econometric Society(Xiamen,6月)